ギャルソン × ナイキの半透明!?なダンク”登場

コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)とナイキ(NIKE)は5月14日、ナイキのスケートボードライン「ナイキ SB」の“ダンク ロウ(DUNK LOW)”をベースとした新作コラボスニーカー2型を発売した。

 “cdg”の文字をアッパー全体にプリントしたインパクトある総柄モデルとシンプルなモノトーンモデルはどちらも、「コム デ ギャルソン」2020年春夏パリコレクションのランウエイで披露されたものでアッパーの大部分に“ネックスキンと呼ばれる半透明のメッシュをレイヤードで使用しているのが特徴で、ヒールにはレザー素材を用いることで高級感をプラス。シューレースやシルエットは通常の“ダンク”同様の仕様となっている。

 メンズとウィメンズの展開で、価格は3万2000円。ギャルソンの青山店など一部店舗で取り扱っている。

D/HILL JAPAN

Leave a Reply